危険エリア④

ちょっと間が空いてしまいましたが、危険エリア紹介の続きを…

 

湖畔を走る49号線のスノーシェッドとスノーシェッドの間の建物があるところ(なんの建物かわかりませんが…)の沖です。

岸から50mくらい沖に向かって何本ものケーブルのようなものが伸びています。

100mくらいの範囲に何本もあります。

ほぼ水面に浮いているので、ここをボートで通るとエレキやエンジンは確実に引っかかります。

太さもあるので強度も高いように見えます。簡単には切れないでしょう。

 

そのケーブルの先では…

 

ケーブルがバックラッシュしてます(笑)

こんな感じにグルグルしたケーブルも数か所あります。

 

何のためのものなのかはわかりませんが、とても危険なものですね…

この辺を走行する際は慎重に走行しましょう。

 

 

とりあえず危険エリアシリーズは今回でおしまいにします。これからマイボートやレンタルボートでの釣行を考えている人の参考になればと思い書いてみましたが、参考になった人います?(笑)

紹介したエリアの他にも危険なところはありますので十分注意してください。浅瀬なんかはGoogle Mapの航空写真を見ればだいたいわかりますんで、事前に確認しておくことをおススメします。

今年ももうすぐボート釣りの解禁になりますんで安全に楽しみましょう。

 

それではみなさん、ご安全に!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。