危険エリア②

危険エリア第2弾はこちら↓

 

小石ヶ浜にある水門周りです。

水門が目にとまりやすく水の流れもあるため、釣りのいいポイントになってます。

しかし、その周辺は安易に近づくのには危険な地形になっています…

 

水門の正面はチャンネルラインのように深く掘られているのですが、そこを逸れると急に水深が浅くなりたくさんの岩がゴロゴロとしています。

水門左側(南側)。ゴロゴロです。

 

水門右側(北側)。ゴロゴロです。

 

水位が低ければ画像のように岩が見えることもありますが、水位が高いときには岩が水面直下にあり見づらくなります。

この辺には岩のほかにも杭なんかもあるため危険がいっぱいです。

はじめてボートで侵入するような場合は水門の沖300mくらいからアイドリングやエレキで慎重に近づくことをお勧めします。

 

つづく…

追記

水門前は、ときどき早い流れが発生することがあります。

そんな時、流れに耐えれなさそうな装備のボートや、エレキの操船に慣れていないかたは無理に近づかないようにしましょう。

バランスを崩して落水でもしたら大事件です。

また、侵入禁止の警告看板の中にも入ってしまわないように気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。